経世史論

 

経世史論 「正しい祖国の歴史」を学び「現代」を読み解く。

経世史論とは

2019年は今上陛下が譲位され、御代替わりとなる歴史的な年です。平成の時代は31年で終わりを迎えます。御代替わりを迎えるにあたり、日本国民は改めて「歴史」を知る必要があります。日本国の歴史は、世界最長です。我が国は、神話の時代から連綿と続く男系の皇統を頂く、世界最古の国なのです。

それにも関わらず、日本国民の多くが歴史を「失っている」ように思えます。
(ちなみに、世界で二番目に古い国はデンマークで、三番目がイギリスになりますが、ご存知でしたか?)

イギリスの歴史学者、アーノルド・トインビーは、「歴史を忘れた民族は滅びる」という言葉を残していますが、まさに「平成日本人」は、世界に誇るべき祖国の歴史を忘却してしまっていたように見受けられます。

しかも、大東亜戦争敗北後の我が国では、歴史学者が祖国の歴史を歪めることを続けてきました。例えば、日本の歴史学会では、初代天皇である神武天皇から第九代の開化天皇までは「存在しなかった」ことになっていますが、ご存知でしょうか。

『初代・神武天皇から九代・開化天皇までは、まったく神話の世界の話で、実在を信じる説はない。(歴史学者 山本博文「天皇125代と日本の歴史」より)』
神武天皇から開化天皇までの「史実」は、我が国の正史である日本書紀や古事記にきちんと記されています。

それにも関わらず、歴史学者は様々な「難癖」をつけ、「存在しなかった」「実在を信じる説はない」などと断定する。

日本の皇統や誇りある歴史を否定し、祖国を貶めるという特定の「政治的な目的」があるとしか思えません。

「経世史論」は、日本国民が「正しい祖国の歴史」さらには「正しい世界の歴史」に関する系統だった知識を身に着け、「現代」を読み解くことを目的に開設されました。

歴史を知ることは、日本国と世界の関わりを理解する上でも、極めて重要なのです。

現代を知るために、過去を正しく理解する。「経世史論」は皆様の教養を高めるのみならず、ビジネス、暮らし、そして人生から「目隠しを取り去る」ことを実現する、日本で唯一の歴史講座なのです。

リリースされているタイトル

皇統論

【第一回】日本創生
【第二回】三種の神器
【第三回】神武東征
【第四回】日本の建国
【第五回】長命天皇の謎
【第六回】伊勢神宮誕生
【第七回】草薙剣

歴史時事

【第一回】レコンキスタ
【第二回】歴史を変えたイングランド銀行
【第三回】男系皇統の維持
【第四回】ドイツ帝国の誕生
【第五回】大国主と出雲の国譲り
【第六回】ネーデルラント連邦共和国の勝利
【第七回】ユーラシアステップの文明

経世史論の感想

時間の長さもちょうどよく、聞きやすいです。
元号が変わり、皇統については、興味を持っていましたので
非常にタイムリーでした。

恥ずかしながら、日本の神話については、ほとんど知りませんでした。
子供の日本史の教科書を少し読んでみましたが、
最初は魏志倭人伝等、シナの文献を参照している記述ばかりで、
日本書記や古事記による歴史の記述が全くないことに
改めて驚きました。
もっと知りたい気持ちが強くなりました。
皇統論は本当に楽しみにしています。

私自身、高校時代日本史を選択していたこともあり、
あまり世界史に詳しくありません。
というかほとんど無知であることを再認識しました。

経世史論だけでなく、月間三橋も最近聞き始めたので
三橋さんの主張を少し理解し始めている段階ではありますが、
イングランド銀行の話は非常にわかりやすかったです。
目からうろこが落ちた思います。

何度も聴き、自分の周囲にいる人々にも
少しづつ影響を与えられるようになっていきたいと思います。

レコンキスタの世界地図が、HPにありましたが、
あのように、少し補足的な図解がHPにあると理解が
しやすいとも思いました。

引き続き、配信を楽しみにしていますので
宜しくお願い致します。

(男性)

当講座を申し込んでから1カ月がたちました。
結論から申し上げますと、「皇統論」「歴史時事」とも非常に新鮮で目からウロコといった状態です。
令和の改元を国民みんなで祝うということは素晴らしいことですが、メディアで報道されるはしゃぎ方
に違和感を感じておりました(日本独自の皇統について正しい理解がなければ日本が変な方向に向かっ
ていくのではないか)。
なぜ違和感を抱いたのか、その違和感は正しいのかなどを明らかにするために、今、当講座を楽しみながら
苦しみながら学んでいます。日本創生、三種の神器、神武東征、男系皇統の維持など、期待にたがわない内容
に満足しています。
三橋先生mayさんこれからもよろしくお願いいたします。

(男性)

経世史論、大変素晴らしいです。

この国は何をためらっているのか?
三橋先生のおっしゃる通りMMTときちんとしたこの国の歴史を学ぶことで日本人はどこまで次のステージにいけるのか・・・。
考えただけでワクワクします。

しかし現状日本の一般の方は政治・歴史・宗教、そして皇統などの話は「よく分からない」と避けるか、TV等のマスコミの影響をもろに受けた考えしかもたず
そこからはみ出た意見を言おうものならちょっと危ない変人扱いです。でも・・・
もうそれでは駄目なのですね。これだけの生きた情報を頂き、知り得たのならば煙たがられることを恐れてはならないと強く思っております。

上皇陛下が平成から令和への御代替わりをなされたのも、恐らくはもう一度この国を国民に考えてもらうきっかけになればと考えられたからかなと思っております。

様々な制約のある立場で決意をもってなされたご英断を無にすることのないよう、国民は今上陛下を盛り上げながら最善の選択をする努力をしていかなければならない。
自分に出来ることを粛々とやっていこうと思います。
あっ、あとまいさんのそっけない感じがいいです。たまりませんwww

これからも楽しみにしております。お身体に気を付けて頑張ってください。

(男性)

<こんな人にオススメ>

  • ・丸暗記をしているだけで、応用ができない歴史の勉強はしたくない人。
  • ・歴史だけでなく、宗教・政治・経済をも理解したい人。
  • ・他では身につかない歴史の教養を身に着けたい人。

<オススメしたい理由>

  • ・難関大学4年間の授業料(200万から240万円)よりももっと価値のある講義が聴けます。
  • ・一人でこれだけのことを勉強しようと思ったら、書籍代だけでも50万から100万円はかかると思います。
  • ・難関大学の受験勉強でも出てこないような、深くて応用の効く歴史の知識が身につきます。
  • ・学校の授業のように、古代から現代まで順に学んでいくようなつまらないものではなく、現代に起こっている不可解な事件から歴史に遡るので、実践的でおもしろいです。
  • ・学校の授業だと、日本史は日本史、世界史は世界史、と分断して勉強します。そのため、ヨコ(世界と日本)のつながりが見えにくくて楽しくないのですが、そのヨコのつながりがハッキリ見えます。
  • ・学校の授業だと、経済の動きから歴史を紐解くということをほとんどしないので、つまらなく、理解が薄くなってしまいます。経世史論では、経済のダイナミックな動きを軸に歴史を紐解くので、わかりやすいです。楽しいです。

<受講時の注意>

  • ・日本史・世界史の知識を忘れてしまっても講義について行けます。
  • ・ただ、事前知識があると、よりわかりやすく、より楽しいので、簡単に歴史の流れを振り返ることのできる本や学生時代のノートなどを手元に置いておくと良いです。

(女性)

「経世史論」受講料

月間会員費用:1,000円(税抜)

「経世史論」は会員制の音声受講になります。音声ファイルをダウンロードすることで、ご自分の好きな時間に学ぶことができます。
神話の時代から皇統について語るコンテンツ「皇統論」と世界史からピックアップして三橋が語るコンテンツ「歴史時事」を毎月音声配信します。

「経世史論」参加方法

1.以下お申し込みフォームよりお申込ください。

お名前、フリガナ、電話番号、メールアドレス、クレジットカードの情報が必要です。

2.受付完了と支払いのご案内メールを自動返信メールにてお送りします。

お支払はクレジットカード決済のみとなります。
お申し込みページに、クレジット決済内容が記載されておりますので、併せてご記入をお願い致します。

3.受付完了と支払いのご案内メールを自動返信メールにてお送りします。

お支払いの確認が取れましたら、5営業日以内に「経世史論」会員サイトへの参加のご案内をお送りします。
ID・パスワードを発行しますので「経世史論」会員様専用のURLにて受講ください。
※退会は専用フォームにていつでも解約可能です。
専用ダイヤル:03-6890-8376
(平日 9:30~16:30 土日祝祭日除く)
メールアドレス:
keiseishiron@keiseiron-kenkyujo.jp

個別販売

経営科学出版にて「個別販売」も行っております。ご希望の方はこちら。
個別販売の詳細はこちら

※経営科学出版様での購入について等のお問合せは弊社では対応出来かねますので、下記へお問合せ下さいませ。
株式会社経営科学出版 カスタマーサポート
専用ダイヤル:06-6121-6211
(平日10:00~17:00 土日祝祭日除く)
メールアドレス:
support@keieikagakupub.com
FAXでの連絡:06-6268-0851(24時間受付)

「経世史論」申込みフォーム

お問合せ

経世史論事務局
株式会社 経世論研究所

専用ダイヤル:03-6890-8376
(平日9:30~16:30 土日祝祭日除く)
メールアドレス:
keiseishiron@keiseiron-kenkyujo.jp

※外出している事がございます。
お電話を折り返しさせて頂きますので、恐れ入りますが留守番電話にお名前(フルネーム)、連絡先をお忘れなくお願い致します。
もしくはメールにてお問合せ下さいませ。

〒108-0075
東京都港区港南2-16-1
品川イーストワンタワー4階